2008年12月の記事 (2/11)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレーム交換

今日はやっぱり大掃除に丸一日かかってしまいました
したがって、キャブは触れず・・・。

掃除をしてたら邪魔な物体が・・
ZZRの初代フレームです。
   ↓ ↓


なぜZZRのフレームがあるのか? それは車体を入手した経緯から記してみます。

3年ほど前に知り合いが 《そろそろ大型を降りて足代わりになる小さいバイクに乗り換えようかな》 などと言っておりました。
当時私はZ1とモンキーを所有しており、ツーリングにも目覚めていました。
※それまでは、バイクとは弄って眺める(鑑賞)するものと思っていた。
(2台とも盆栽状態でした。)

モンキーは一応、足回り(10インチ)・エンジン(105cc)・フレーム(アルミ)等々一通り手を付けており フルカスタムと言える状態でした。

そこで、《よければ交換しようか?》 と半分冗談交じりで申し出た所 《ああ いいよ! ただコレちょっと問題が有るけどいいか?》 との返答

しばらく考えた結果 交換してもらいました。交換は申し訳ないような気がしたのでビールを1ケース付けて・・・。

エンジン自体は非常に調子がよく、かつての世界最速マシンを堪能しました。
が、最初に聞いた問題とは・・・・・ 


フレームにクラックが入ってたんです。(極小ですが)

補修方法を色んなショップで聞いてみたのですが、《やはり溶接で盛り付けて形成したら大丈夫だと思いますよ》との事。
でも、ZZRお決まりのカウル取り付け部に凹み(片方のみ)あったので、それも同時に補修すると結構なお値段になってしまう。

なら、フレーム交換したらどうだろう? 
フレームの交換ともなれば、当たり前ですが全部解体することになる。
そしたら、それぞれ劣化部品を点検して交換出来るってメリットもあるし。

てなことを考え出すと、もう弄り虫が騒いで止まりません。(笑)

そうなると、まずはフレームの入手からってことになります。
ZZRのフレームは今も新品で入手可能なんですが、やっぱりお高い!

例にもれず某オクをチェックの日々
※その時点ではZRXも入手していたし車検も切れていたので、焦ることなくじっくりと吟味してました。

ある日、良さそうなブツが・・ 出品者に質問攻め・・ コレならってことで入札!
ちょっとお高めの開始価格だったので、これ以上はムリって金額を入れて、後は放置 
数日後、開始価格のまま落札!

順調に取引が進んで、モノが届いた。開けてみた。直接見た。
うん、説明通りなかなか良さそうな感じ!

素人でも点検できる歪みの点検方法が雑誌に書いてあったので、早速やってみたら大丈夫みたい。
アンダーフレームもストレスなく付くし、スイングアームの取り付けも問題ない!

その後、折角全バラしたのだからフレームも塗ちゃえってことで塗装しました。
外装を黒か濃い目のワインにするつもりだったので、小豆色にしました。(趣味悪い?)

解体時ににピックアップした ゴム製品及びOリング他が届くのを待って少しずつ組み立て行くことに。
解体後、あんまり期間が開いてしまうと、どれがどの部品か忘れてしますので(笑)それが重要部品なら笑ってる場合ではない!!

エンジン・足回り・ハーネス・電気関係部品等を組み付け、あとは外装のみって時点で全塗装を実施。
結局デカール類を剥がすのがいちばん苦労したなぁ
完成写真は28日付け『不調からの脱出』の記念撮影を見てね!


で、完成したのが10月 車検を11月に取得(中古新規登録のユーザー車検)
その後200~300km位のツーリングに2回行って、現在の不調に至る(笑)

車検に行ったときも色々あったので、また書きます。








すごく励みになるので、是非お願いします。
   ↓  ↓
にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。