スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワタクシ ゴト


昨日は暖かだったのに、今日は寒いですねぇ

特にネタも無いので、書き溜めしてある内の一つをご紹介。
つまらない内容なので、一番下のバナーだけポチッとしていただくだけでも結構です(笑)



ワタシの生業としている建築塗装工事に従事するようになって20数年 職場が変わったことは2回あります。

まず、高校を中退した後、職業訓練校 塗装科に入学しました。
なぜ塗装科を選んだのかいまだに不明ですが(笑)

塗装科には主に板金塗装と建築塗装があり大半が自動車関係の会社に就職していきました。
(当時はトヨタ・日産等ディラーに正社員として就職できたのが大きかったようです)

建築塗装関係にはワタシともう一人(T君)だけが就職を希望。

T君は地元で、ワタシは京都へ行く事を希望、その為寮に入ることになりました。
※当時はとりあえず親元を離れたかった

この塗装屋さんは京都でも3本の指に入る いわゆる大手と呼ばれる会社でした。

ここで、よからぬ先輩たちに、よからぬ遊びの基本から教えられることになります。(笑)

約2年後、家庭の事情で、やむなく地元に戻ることになり、あても無いので訓練校の恩師?に頼り、地元の就職先をご紹介いただきました。(T君と同じ職場です)

ココで8年間サラリーマン職人として働き、その後社長が代替わりし会社の方針も変わっていくことになりました。職人の集団(施工が主)から改修工事の総合請負へ、ワタシの立場も徐々に変わっていくことに・・。

最初はマンション改修工事の塗装部門の職長となり 次に現場監督・現場代理人に 最終的には各現場の統括責任者として震災の前後には10物件の改修工事現場を担当することになりました。
(T君は営業部門へ)

この間に色々な資格も取得するよう会社から指示され
足場作業主任者
有機溶剤取り扱い責任者
2級防水技能士(ウレタン防水)
単一樹脂注入技能士
危険物取扱い主任者
単一調色技能士
1級建築塗装技能士
2級建築施工管理技士
ビルディングドクター(建物診断技術者/仕上げ)
※手元に資料が無いので名称は正確でないかもしれません。

新社長の方針で《各職種を管理するために理解するには、それに関する資格を取るのが一番の早道》 とのことでした。

この経験は下地補修・左官・防水・シーリング等簡単な作業であれば、こなせるようになりました。

今になって非常に役立ってます。


しかし、当時は非情な忙しさで、夜帰宅するのも毎日10時・11時で、日付が変わったり徹夜もざらにありました。
それなりの収入もありましたが・・・・。
※当時、生まれて間もない末娘には《たまに家にいる知らないおじちゃん》の認識しかなかったようです。 

そんな忙しさの中で、やっぱり自分は職人でありたい と日々思うようになり
とあることで、運転免許が取り消しとなってしまいました。
それをを機に退職を決意してから約半年かかって、無事に円満退職することが出来ました。

退職後、失業保険が支給される約8ヶ月間 な~んにもせず まったくの無職の状態でした。
この間、妻は再就職をせかすことも無く、ただ黙って待っていてくれました。
この件だけは今でも深く感謝しています。

失業期間中に無くした免許を取り戻すべく直接試験場へ(いわゆる飛び込み受験)
通いましたねぇ 根気よく 時間もあったし

まず、普通自動車→大型自動車→大型自動車2種と取得してから、今の職人としての生活に至ります。

なぜか大型自動2輪免許の取得は最後になってしまいましたが・・・。
2種免許以外は1回で合格だったので、2輪も当然一発合格のつもりで行ったのですが、変な癖が付いてたんでしょうねぇ。結構かかりました。
まあ、当時はZ1がレストアの真っ最中で乗れなかったことも関係しますが・・。

現在は念願の職人さんの生活となり色々とありますが、頑張ってます。


明日も仕事がんばろう!!!






つまらない話でしたが
よろしくお願いします
  ↓  ↓
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ

 
スポンサーサイト

コメント

いやいや
奥には今も感謝してますが、自分はぜんぜんです。
思いついたことを書いたつもりが、なんか美化されてますねぇ・・。

パッキン?お任せです。
元栓締めて パッキン外して ホームセンターで同じの買って  取替え で完了かな?
takeさんへ
良い奥方様ですねぇ~
takeさんは凄い職人さんですねぇ…

今度水道のパッキンの取り換え方法を教えて下さいねぇ~
かなりダダ漏れなのでorz

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。