スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塗り替え工事の訪販さん

今回も特にネタが無いので、書き溜めしてある内の一つをご紹介。


以前、塗り替えを工事させていただいているお宅のお向かいの家に塗り替え工事の訪販さんが来てました。

割と大きな声で会話されてたので、一言一句が聞こえてきました。
別に聞くつもりは無かったですけどねぇ。

営業さん 以下(営)  お向かいの奥さん 以下(奥)

インターホン越しに
(営)どうも~ 私この近くで塗り替え工事をさせて戴いている○○○○ホームの○○と申します。ちょっと近隣様にご挨拶をさせて頂いてるのですが、玄関先までよろしいでしょうか?
(奥)ああ どうも でも忙しいので結構です。
(営)いや でも通りがかりに屋根を見ると、ちょっと異常があるんですよ!ご説明だけでも お願いします。 お願いしますって??
(奥)そうですか、じゃあ

玄関先にて
(営)どうも、わざわざありがとうございます。私この先で・・・・の・・・・で・・・なんです。(同じようなことなので省略)
(営)私がちょうど通りかかってお宅の屋根を見ると捲れ上がってる部分があるんですよ。
(奥)え! どの辺ですか?
(営)ちょうど ココから見える あそこです。(屋根の方を指差しながら)
(奥)どの辺ですか? ○○の所?
(営)いや 違います その少し下です。
(奥)え~と あそこ?
(営)その右側です。
このやり取りがしばらく続く
(奥)あ! あれね うんうん
(営)そうです あれです。
(奥)で、あれが何なの 捲れているようには見えないけど・・
(営)いや あれは ほって置くと剥がれてきますよ。 間違いなく!
(奥)そうなの デモねぇ
(営)ちょうど はしごがあるんで、間近で確認してみましょうか?
(奥)・・・・いや 結構です。 親戚に屋根屋さんがいるのでその人を呼んで見てもらうので・・。
(営)でも、今ちょっと見てみたほうが早いですよ。
(奥)結構です。どうもご親切にありがとうございました。ぜんぜん気が付きませんでした。お世話様 さよなら
部屋の中に入っていった
(営)あの その 奥さん・・・

営業さんはとぼとぼ、何度も振り返りながら帰っていきました。

このように”おかしい”と思ったら毅然とした態度で断る。
特に飛び込みの訪販さんにはなるべく、屋根に上がらせ無いほうが良いでしょうね!
悪質なのになると見えないところで、わざと瓦を割ったり、別のお宅の劣化した接写画像を見せられたりします。

今回は奥さんのほうが一枚も二枚も上手でしたね!

奥さん グッ ジョブ





参考になった人も
ならなかった人も
ついでに願いします。
  ↓  ↓
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ
スポンサーサイト

コメント

うん そうですねぇ
確かに断りにくいでしょうね!
でも、身内が建築関係の仕事をしてるから と言うと断りやすいかも・・です。
訪販さんのほとんどが、そんなに深い知識を持ってないので警戒して引き上げます。
takeさんへ
へぇ~…
なんだか怖い話ですねぇ…

って、もし私だったらきっと断りきれないんだろうなぁ…

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。