スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZZR1400 サイドカバー(ディフェーザー)塗装

今日はサイドカバー(ディフェーザー)の塗装に挑戦してみました。

これはもともと樹脂製の艶消しになってるんですよ。
これを艶ありにしてアクセント入れたら・・・・・カッコヨクナイ???


まずは現状




ワックス等油脂分撤去のための脱脂します。
今回はラッカーシンナーを使用。


その後、ペーパー掛け





今回の被塗物は樹脂製?である為、一応PPプライマーを吹きつきすることにしました。

今回のパーツに必要かどうかは???です。



PPプライマーを吹き付け後、黒色をスプレーガンにて施工。

今回はあまり厚吹きしないように注意。
1回目・・霧吹き
2回目・・荒吹き
3回目・・仕上げ  の3回吹き


黒の仕上げを施工後、ペーパー掛け

やっぱり細かい塵やらなんやらが付着、ちょっとでもマシになるように入念にペーパーを掛けます。
1箇所だけ垂れがあったのでこれも必死でペーパーを掛ける かける カケル(。>0<。)


で、次は養生・・夢中になりすぎて画像なし

本当は凸部のみ色を変えるつもりでしたが、養生が難しそう(;ω;)
滲み込んだりするとみっともないので、凹み部も一緒に塗ってしまいました。
まあ、モンスターエナジーも同じような感じだし・・・。

それとヘルメット塗装時の教訓から今回はラインテープを使いました。






ワインレッド色を塗ったところ

これも3回吹きです。


仕上げ塗りした後で即養生を撤去します。

よく乾燥させてから塗装段差を補正するためのペーパー掛け。


最終仕上げのクリヤーを吹き付けます。

ツヤツヤピカピカだぜぃ。 どうよ!



使用材料

今回はベースの黒以外は缶スプレーを多用しました。
?プライマーサーフェーサー
?ワインレッド
?1液型ウレタンクリヤー


やっぱり塗装作業のコツは

?各塗装後に十分に時間をかけて乾燥させる。
※とはいってもせっかちワタシは半日で仕上げましたけど・・・。

?各工程塗装前にしっかりとペーパー掛けを実施する。
※これは今回しつこいくらいやりました。

?色分けの見切り養生はしっかりと押さえる。(滲み込み防止)
※ラインテープを使ったので無問題でした。





んで、車体に取り付け




↑2つの画像のみクリックしたら角度が変わります。


う~ん かっこよくなりましたよ!! 

艶も車体と比べて遜色ないし 今回は上出来です♪♪

 


でも・・・・・


でも・・・・・






げ 下品になってないよねΣ( ̄ロ ̄lll)


なんせ人間が下品なもんで・・・・・ってウルセエ




どれでもいいですよ♪
   ↓ ↓
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

sololyさん
>>とっても●品な・・・
ってとこが凄く気になるんですけど・・・上? 下?

画像で見るといまいちだけど、実際に目にすると
“お! TAKEさん渋いじゃない!!”
って言ってくれると思います。

是非実物を確認してください。





脱・下品でもライダー←←カルク パクッテマス
のらさん
アートですか?

これからワタシのことを“アーティストのTAKEさん”って呼んでもいいですよwww
Unknown
うんうん(゜-゜)(。_。)

とっても●品な出来栄え~!

爆音・弐黒堂好きの荒くれTAKEさんにぴったりだー(笑)

実物見に行こーっと
(ノ°ο°)ノ オオオオ
アートですなぁw

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。