スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZZRキャブ交換

昨日に続き、今日はキャブの交換をするぞっと、意気込んで外に出ると曇天 テンション下がるなぁ

まあ、やるかと準備を始めると降ってきましたよ(泣)



急遽シートをかけて退避

それでも、午後から何とか出来そうなんで、やってみました。

今日はキャブの取り外しまでを順序立てて紹介してみようかと思います。
こんなのでも誰かの参考になるかな?



まずは現状



シートを外して




タンク前後のボルトを外します。(前8? 後10?)



ガソリンコック画像の通りOFFにして、下側のホースを外します。


コレでタンクが外せます。   あっ!燃料計の配線も外すのを忘れずに!!



続いてインナーカウルを外します。(コレは外さなくてもよいのですが、2箇所回し難い部分があるので)



エアフィルターカバートップを外します。




アンダーカバーを外します。



キャブのご登場



ここでハンドル側のアクセルワイヤーを外します。




BOXのダクト?(吸い込み側の黒いやつ)を外して
バンドを外します。(注)シャフト部が30cm位の+ドライバー用意する必要があります。



ホースを外します。(注)ガソリンが多少もれるのでキャブの下にウエスを敷きます。



キャブが外れました。



アクセルワイヤーのクリップを外しワイヤーも外します。(注)クリップは無くし易いのでご注意



はい、外れました。
ココまでの所要時間 約15分・・哀しいかな何度もやってますので早くなりました。


取り付けは、ほぼ逆の手順です。


あとは昨日のキャブを取り付けて試走


結果は・・


・・改善されてます!!


12・3km走っても走行中は異常なし!

でも、アイドリングが安定しません。
停止してしばらく1000rpmで段々下がってストップします。
原因はキャブに断定してもいいかな?
とりあえず断定しておこう!!




・・・・で、取り外したキャブを見てみると・・・


分かり難いのですが、1番/2番のキャブのみ吸気側に緑色の液状の不着物があります。
何だろう??? 色からするとラジエター液のようにも見えますが・・・?

フロートチャンバーを外して内部を見ると 特に異変なし!
とりあえず全部外して内部の確認と清掃(昨日の作業と同じです)

掃除中ジェット類の番号確認してると・・
メインジェットが全部175番になってる。
サービスマニュアルではノーマルが1・4=160番 2・3=158番
スロージェットは38番でノーマルと同じなのですが・・。
コレも不調の起因になってるのかな?


とりあえず、そのまま元通りにして、正位置に戻して(清掃するときは裏返し)オーバーフローのテストをしようと用意してると、1番/2番のキャブに薄黒い液体が少し垂れてきてます。

コ、コレは?  ナニ??

垂れてきてるってことは上から?

ってことで、トップカバーを外してみました。
すると・・



バキュームピストンのゴムの部分がビロビロになってる!!


捲ってみると、内部には薄黒い液体が・・・・コレか!

ってことは・・・この液体がスロー系の中に入って不調原因になったのか?
アノ緑色の液体は何かに反応して色が変わったのか? ソウニチガイナイ




こうなったら、さっき付け替えた今一のキャブをもう一回外して二個一にしよう。
(なんかやけになってますねぇwww)


早速外して、トップカバーを外して中を見ると・・


なかなか綺麗な感じ これは使えそう!!


3番・4番は異常が無かったので、1番・2番のみ移植
ついでにメインジェットもノーマル番に移植

各チェックをして、車体に再装着

早々に試走してみると・・・・さっきよりもよくなった!
前日までの不調状態は完全に解消されています。

でも、やっぱりアイドリングは安定しません。

明日、もう一回トップカバー外して内部を確認して、同調でもとってみようかな!



そう簡単には完調とまではいきませんねぇ









お願いします。
  ↓ ↓
にほんブログ村 バイクブログへ

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。