スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マジェスティ125FI 駆動系変更

さて、今回はボアアップエンジンのシリンダーがダメっぽいんで、最初に積んでたノーマルエンジンに戻したんですよ。

まあ、ただ元の状態に戻しただけでは面白くないってんで・・
まずクラッチをmoto-jam_1705117133.jpg
カーボン強化クラッチアッセン ってやつです。熱ダレしないんだって!!

これを
SANY0007 (2)
46㎜のボックスレンチを用意してこんな感じで取り外し
 なかなか苦労しましたよ

外したついでに各所グリスアップして
SANY0006 (2)
取り付けます。取り付けに関しては何の苦労もしなかった
センタースプリングも一緒に・・・・って考えもあったのですが、何がいいのかわからなくて(゚ー゚;Aアセアセ  
とりあえず今回はパス!!


次はプーリーにいきますよ!
images_201406160557099c1.jpg



○AI○OK○プーリーキット 某ショッピングで最安の品です。

ところがですね・・・・・・
取り付けて1週間くらいはいい感じだったんですよ(*^-゚)vィェィ♪
確実に出足は良くなった   加速もまあまあ  最高速は変わらず・・・・

でも、徐々にクラッチジャダーみたいな感じ ガガがっ ガガがっ って
前にVベルトを交換したした時の滑り方とはちょっと違うような・・(-。-;)

 何でしょう? どっか緩んだ? クラッチが滑った? 何とも嫌な感じですよ デスヨネ!!

何とか帰宅して・・明日は日曜だから一度ばらしてみましょうか(;-_-) =3 フゥ


するってぇと、
まず プーリーを外そうすると・・・

クルクル アレ? クルクル アレ? 空回り?
プーリー本体が空回りしてる?   なんで???

こうなってました↓↓
SANY0001_20140615172034e42.jpg  SANY0004_20140615172031b5d.jpg 

内側の山が削れてツルツル ギザギザがなくなってる

よくこんな状況で帰ってこれましたねぇ 走れるもんなんですね

さらにウエイトローラーは ってぇと↓↓
SANY0009_20140618151825221.jpg  SANY0010_20140618151826316.jpg

SANY0011_20140618151827e0e.jpg  SANY0012_20140618151829693.jpg


SANY0013_2014061815183088f.jpg




いくつかは片べり 外側の黒い部分が完全めくれてるし なんか焦げたみたいになってる(ノ△・。)

わずか1週間でなんでこんな状態に?????

ワタシの取り付け方が悪かったんでしょうか?

原因がさっぱりわからない????
もしかして組み付ける際に使ったWRに塗ったグリス? まさかね!!

ググる先生に聞いてもわからない(過去にそんな事例はないみたい)
○AI○OK○プーリーキットの口コミも似たような事例はない

う~~~~~んε=Σ( ̄ )ハァー


・・・と 落ち込んでもしようがない うんしようがない クレームつけてもしようがない うんうん
j分に言い聞かせて さてどうしよう???

プーリーの内側の山が削れてるってことは・・当然・・・・
SANY0016_201406190556434ce.jpg  SANY0017_2014061905564421e.jpg

 
こうなってますわな(/_<) ナケルネェ

ノーマルプーリを戻そうとしても入らない そりゃぁそうだ
そりゃそうだって・・・・じゃあ このクランクは使い物にならないのか? ゴミなのか??
よくて部品どりですね!!

う~~~ん と

じゃあこうしよう('-'*)エヘ

使える前回のボアアップしたエンジンの腰下と今回の腰上の合体!!!!

うん これしかないヽ(*^^*)ノ

・・・・ってことで、次回はエンジンの二個一作業になります。

マジェスティ125FI ボアアップ part2

はい 前回書いた続きです。

AQNyrGN7NUDwuCU1401623657_1401623785.png

このような位置に合わせて組み付けないといけないのですが、大雑把なワタシは何も考えずに取り付けてしましました。

※失敗その1
形だけダイナモカバーのマークを合わせて適当にカムスポの止め位置を意識して取り付け・・・・

とりあえず配線類とガソリンタンクを繋いでテスト



・・・・・・当然エンジンはかかりません
ハァァァァァ エンジン内部なんて・・やめとけばよかった(ノ△・。)

※失敗その2
いったん外し、やっと合わせ位置に気づき、付け直すももカムスポの爪が内側に曲がってたんでしょう
しっかりかからない状態で取り付け |;-_-|=3 フゥ

またまた 配線類他を繋いでテスト



・・・・・・エンジンはかかりました。
狂喜乱舞 ガッツポーズまで


喜び勇んで外装などを取り付けて試運転

せめて500㎞位はナラシをしなくちゃね(*'-'*)エヘヘ・・・・・・とウキウキでご近所をクルクル


・・・・・ンがしかし 2㎞も走らないうちにエンジンストップ
最初のうちはセルも回ってたんですが、いっこうに再始動しそうがない(゚ー゚;Aアセアセ

そのうちセルも≪カキ~~~~ン≫て音と共に回らなくなってしまった(ノ_-。)
カキ~~~~ンってこれ一番まずい止まり方じゃねーの?

泣きながら坂道を押して帰りましたよ(T△T)

ゼイゼイ言いながらやっと帰着 

原因究明しなきゃ・・・と思いつつもやっぱりカムの取り付けかな? なんて気がしてた。。。。。

やっと帰着・・回らないセルモーター 下りないキックペダル。
これはいったんエンジン降ろしてしっかり判断が必要でしょう。

ってなことで、
SANY0009_20140601203609cc1[1]


ヘッドを確認したところ赤丸印の2箇所に金属片(5㎜角位)が挟まってバルブが閉じず、カムが動かない状態になってました。
その画像があればわかりやすいんでしょうがねぇ・・・ 撮ってないんです(;^_^A アセアセ・・・

でも、なぜ金属片?
たぶんですが、ピストンの上下運動の際シリンダー内壁を擦り≪キリコ≫状態にして発生したんではないでしょか???

その証拠①
ピストンのトップリングが動きにくくなくなってる
SANY0003_20140612063123c4a.jpg
矢印の部分ね!
こすれて圧縮したんでしょうか?


その証拠②
一応再組み込みしてみると、ほぼ圧縮がない!
ダイナモカバーが簡単にクルクル回る回る(/_<) ナケルネェ
シリンダー内壁が削れたんでしょうか?
バルブは一応閉じてるんですが・・・。

さて、どうしたものか????

うん そやね! こうしよう!!

一旦 最初に積んでたノーマルエンジンを戻して、今後の方向性をじっくりと考えましょう。

ただ戻すのも面白くないので、せめて駆動系を変更しちゃいましょう(*^-^)ニコ
でもこれが 新たな失敗の始まりでした。。。

ワタシにエンジン系は弄るなって神様が暗示してるんでしょうか????

続きはまた後日。。。

マジェスティ125FI ボアアップ part1

はい ワタシにとってエンジン内部ってのはブラックボックスのごとく手を付けてはいけない神聖な場所だったんですが、、、

やっちゃいました(*^-^)ニコ

horidashi_3930.jpg
61.0mm で160ccの アルミピストン
本当は59㎜で150㏄をポチしたんですが、これが送られてきたんですよ。。
発売元の間違いだそうですが、送り返すのも面倒だったんでこのまま使いました。

まずは第一の難関
ピストンに5種のリングをはめはめ
これはちょっとしたコツがあるんです。。。。 
てかユーチューブにモンキーカスタム手本みたいな動画がアップされてて非常に参考になりました。
水冷と空冷の差があれど似たようなもんですね。

んで次はピストンを圧縮上死点に合わせて・・・


SANY0006_2014060120361284a.jpg
カムはこの位置 ちなみにウォーターポンプを外すとあらわれます。

SANY0010_20140601203611a23.jpg
ダイナモカバーはこの位置 ちょっとずれてますが 共に間に合わせ画像なんで・・・ヾ(@°▽°@)ノあはは 

次はテンショナーを外します。
SANY0001_201406012222494cd.jpg

組み付け時はばね式のフリーテンションなんで天端のボルトを外して緩めてからとり付けるんですヨ。


はい カムスポを外して・・・カムチェーンがクランクケース内に落ちないように気を付けて!
シリンダーヘッド外して・・・
シリンダー外して・・・・ゴミや異物がクランクケースに落ちなようにウエスか何かで塞いだほうがよいよ!
ピストン外して。。。。。サークリップをケース内に落とさないように
ね!

全部外れたら、なるだけパーツクリーナー等で綺麗にして、あとは逆の手順んで取り付けるだけ!

ただこれだけは注意してね↓↓
AQNyrGN7NUDwuCU1401623657_1401623785.png

カムとカムスポの矢印の切欠き部を合わせてつける。

これを馬鹿なワタシはこの形が理解できず、とりあえず何も考えずにずれた状態でつけてました。

その結果は想像はできるでしょうが、この次ににでも・・・・・。

いよいよボアアップ計画

はい 少し前からエンジン関係を触りかけております。

Myコマジェもいよいよ通算60000㎞を超えようとしているもので。

エンジンは特に不具合はないと思うのですが、、、出足と加速と最高速が明らかに悪い。。。
・・・・・てか 全域で悪いのね
これなら駆動系の変更でかなり改善はされると思うのですが、ネット徘徊してると
ゼンゼンチガウ パワーがもりもり

なんて記事を見ると ??じゃ~~おいらも・・・ってことになっちまってヾ(@~▽~@)ノ


でも特に白煙や黒煙が出てるわけでなく (見たくない心理が働いてるだけかも・・かもかも)
気になるひどい異音が聞こえるわけでもない (聞きたくない心理が働いてるだけかも・・かもかも)

ちゃんとしたお店でやってもらうと結構な悲しくなるような工賃が・・・(/ヘ ̄、)グスン

だからここは一番自分でやっちゃおうかと あくまで自己責任ってやつで

実は1年ほど前にスペアのエンジンを入手してたんですよ!
例のYオクでスペアで入手したエンジン
商品説明記≪ヘッド部をOHした状態で保管してました ナンチャラカンチャラ≫って記載されてたものでしたが、何故か入札がなく一般に好調ふれこみ物の1/3で落札できたんです。
生善説論者です 書いてることはすべて信じます(*^-^)ニコ

それと こっちもYオクにてなにも考えずに安さ一番で160CC キットを購入(約8漱石さん)
【安物】 これが大失敗の始まりでした。 当たり外れはあるんでしょうが、、、、。


予 告
次回はボアアップ作業時の注意点などを書きましょうかネ。
SANY0018_2014052906515037e.jpg
多々に写真を撮ったつもりだったのに・・・・

久しぶりです。

すごい久しぶりにFC2のIDにログインしようとしたらパスワードを忘れてなかなか入れない(;^_^A アセアセ・・・

やっと入れたと思ったら今度は使い方が・・・  また慣れるしかないね!

それと過去記事確認すると、なんかgooさんブログの記事が混ざってますねぇ
これは以前にgoo⇒FC2にお引越しできないかと弄ってたことがありまして、うまくいかないと思い込んで途中で投げ出したことがあったんです。
ところが統一するには数日かかるみたいで、知らない間に一本化できてたみたい・・・。
これからはコマジェをメインにボチボチ記録していきます。

んで、最近のMyコマジェですが↓↓になってます。
外観

外観

外観

タコ


前からの変更箇所としては
フロントタイヤのワイド化(110/90)
ウェーブディスク変更
リアホイル13インチ化
リアディスクブレーキ化及び左マスターシリンダ追加
ホワイト外装及びストロボステッカー貼り付け
タコメーター設置
ノーマルマフラー戻し

この中のマフラーとタコはちょっとしたことをしたんで必要だったってことですが。。。
まあ後日ご紹介します。

ではまた see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。